フルクラウド リアーキテクチャ

フルクラウドで実現する「攻めのIT」

クラウドのメリットを最大限に享受!

貴社のビジネスを加速させます

競合他社との激しい戦いに勝ちぬき、売上と利益を確実に伸ばしていく為には、クラウドをフル活用し、迅速なサービス開発とリリースを繰り返す「攻めのIT」が欠かすことができません。近年、様々な企業がAWSを筆頭にAzureやGCPなどのクラウドサービスを利用しはじめましたが、多くの企業ではクラウドのメリットを最大限に享受できず、逆にコスト増に悩まされている現状が数多く見えてきました。

APPSWINGBYでは、クラウド化によるメリットを最大限に享受する為、お客様の「オンプレミス」や「移行しただけのクラウドシステム」をコードレベルまでアセスメントし、リアーキテクチャ、リファクタリング、モダンアプリケーション開発などを行いお客様のビジネスの成功を実現するための最適化されたクラウド環境をご提供致します。

ユースケース

SIerに業務を依頼しオンプレミスからre-hostし、パブリッククラウドA社に移行したが、サービス利用料が激増した。また、従量課金となるサービスが年初にたてていた予算を圧迫しはじめ、結局、当初検討していた際に挙がっていたオンプレミスシステムのイニシャルコストとランニング費用の年間想定額を大幅に超えてしまった。また、クラウド用の監視や運用コスト、さらには運用するための学習コストが負担に。

  • クラウドのメリットであるコスト削減を実現できるシステムに変更したい。
  • 運用にかかる工数と学習コストを削減したい。

問題解決のポイント

  • 使ったら使った分だけコストを支払う従量課金サービスの移行
  • アセスメント・評価を経て、サーバーレス、マイクロサービス化システムのデザインとプランニング
  • クラウドネイティブアーキテクチャによるメリットの享受

導入効果

リアーキテクチャによる固定化され高止まりする料金からの脱却

パブリッククラウドへのマイグレーション(移行)で最も悪い結果を出してしまうケースは、オンプレミスに構築していたサーバーをそのままインスタンスに置き換え、パブリッククラウドに持って行ってしまうケースです。主なクラウドベンダーでは、サーバーを24時間365日稼働しているだけで使用料金が積みあがる料金モデルを採用している為に、ただ移動しただけのクラウドシステムの活用では、コスト増問題が必ずといっていいほどに発生します。クラウドアーキテクチャを採用し、使った分だけ支払う従量課金サービスモデルへの移行は、クラウドを上手に活用する上で必要不可欠です。

アプリケーション開発コストの削減と運用管理コストの削減

リアーキテクチャを行いクラウドネイティブアーキテクチャを採用したシステムは、肥大化を続けるアプリケーションの最小化を実施することで、アプリケーション開発コストの削減と責任範疇、管理作業と作業時間の削減を実現することができます。

クラウドのメリットを活かす
クラウドネイティブアーキテクチャ

ラウドネイティブアーキテクチャとは、自動化を積極的に取り込み、ステートレスなシステムアーキテクチャとクラウドパブリックベンダーによって提供されたマネージドサービスを積極的に採用するすることで、クラウド独自の特⾧やメリットを活用したシステムアーキテクチャのことです。

本サービスの目標

アプリケーションのクラウド最適化によるマイクロサービス化への検討、開発、移行
アプリケーション開発コストの最小化 • 積極的なコンテナ・オーケストレーションサービスの活用
高止まりした高額なクラウド料金からの脱却
マネージドサービスのフル活用による運用コスト/工数の削減