危殆化(きたいか)

危殆化(英語:compromise)とは、何らの作為や状況の変化により「危険な状態になること」です。近年、増加傾向にあるのは、パブリッククラウドの秘密鍵が第三者に漏洩し、クラウド上につくれたシステム全体が危険な状態に陥ってしまう状況です。

管理者権限をもつIDとパスワードの紛失なども秘密鍵同様に、システムの「危殆化」した状態です。

コンピューターリソースの高速化により暗号アルゴリズムの危殆化し続けています。時間の経過による新しい暗号の解読化の方法の発見やCPUの演算能力の飛躍な向上が、短時間で暗号が解かれてしまう危険な状態を生み出し、安全性の相対的低下がおこります。この状態を暗号の危殆化と言います。

関連用語

コンティジェンシ―プラン(英:Contingency-Plan)

情報漏洩防止 DLP

アルゴリズム

APPSWINGBYの

セキュリティサービスについて

APPSWINGBYのセキュリティサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください。

WordPressセキュリティ対策サービス

Worpdressセキュリティ対策サービスは、Worpressに潜む様々な脆弱性を検査・診断し、脆弱性診断によって発見されたセキュリティホールや構築時のセキュリティ未対策箇所へのセキュリティ対策を実施し、レジリエンス(強靭)なウェブサイトをつくりあげます。

クラウドセキュリティ

クラウドのメリットを最大限に活かす為には、クラウドのアーキテクチャに合わせたセキュリティ対策が必要です。APPSWINGBYでは、クラウドシステムのアセスメント・診断・セキュリティ対策・モニタリングまでワンストップでご支援致します。

リファクタリング/リアーキテクチャ

オンプレミスからクラウドへ移行する際、クラウドネイティブの機能やメリットを最大限活用したシステムへ移行する為に、アプリケーションの再設計・実装、システム全体設計を行います。システムのサーバーレス、マイクロサービス、スケール、パフォーマンス向上を実現します。

お問い合わせ・ご相談

「システム構築時から大分時間が経過しているのでセキュリティ対策の状況が不安がある」「脆弱性診断を受けたい」「サイバーセキュリティ対策に不安がある。」など、サイバーセキュリティ対策・情報漏えい対策についてのご質問・ご相談などございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。