OSに縛られない

クロスプラットフォーム開発

これまでは、スマートフォンを対象にしたアプリ開発は、OSではObjective-CやSwift、Android OSではJavaやKotlinといった言語(ネイティブ言語)を使い開発するスタイルが一般的でした。SwiftやKotlinなどネイティブ言語でのアプリ開発は、OSに最適化されたUIデザインと高い操作性を実現できるメリットの他、Apple社やGoogle社が提供するSDK(ソフトウエア開発キット)を使用し、スマートフォンに搭載されたカメラやセンサーの利用が公式にサポートされていることが大きなメリットとなっていました。しかし、iOSとAndroidに同じアプリを開発する為には、それぞれ別の言語を使い、二重の開発コストをかけて開発しなければならず、また、同じ機能を組むために、それぞれの言語の特性や運用技術を習得する必要であったりするなど、アプリを開発するにあたり大きな負担を受け入れる必要がありました。二重のコスト問題を解決する開発手法として生まれたのがiOSとAndroidのOS上で同じ仕様でアプリを動作させることを可能にしたのが「クロスプラットフォーム開発」です。

クロス

プラットフォーム開発が


コストダウンにつながる理由

ネイティブ言語による


アプリ開発コスト問題

開発も運用もWでコストがかかる開発モデルからの脱却する!

スマートフォン上で高い操作性を実現することはユーザーの使い勝手を考慮した場合、外すことのできない重要な要点ですが、iOSとAndroid、開発コストと運用コストの二重負担は企業にとって大きな負担となっています。サービスの短い時間軸での更新速度や流行の移り変わりを考慮した場合、クロスプラットフォーム開発による開発は、開発ラインが一つである為、開発工数がネイティブ言語に比べ少なく、短い間隔でのリリースを可能にしますまた、コストを抑えることができた開発プロジェクトは企業にとって大きなアドバンテージとなります。

アプリ運用の一元化

アプリの運用もシンプルになる!

ネイティブ言語で、iOSとAndroid 2つのアプリケーションを開発した場合、アプリ運用の手間と時間、人件費もiOSとAndroid 2つ分のコストを見込んでおく必要があります。また、それぞれ異なった開発言語で開発されている為、それぞれの開発言語に精通した担当エンジニアをアサインする必要があり、人材採用コスト等についても考慮する必要が生じます。クロスプラットフォーム開発では開発ラインもアプリの運用も”ひとつ”ですので、運用体制・運用コスト・リソースの確保など考慮しなければならないすべてをシンプルにすることができます。

セキュリティ対策問題

高いセキュリティと対策コストもシンプルになる!

ネイティブ言語で、iOSとAndroid 2つのアプリケーションを開発した場合、開発したそれぞれのアプリのセキュリティ対策を実施しなければなりません。特にAndroidは、様々なアプリをインストールし、機能拡張や利便性を上げることがしやすい反面、悪意のあるプログラムが侵入しやすい環境であると指摘されています。セキュリティ対策へのコスト増が企業の問題となっている現状を踏まえ、ひとつの開発ラインでクロスプラットフォーム開発は、セキュリティ対策とコストの面からも高い注目を集めています。

クロスプラットフォーム開発を支えるPWAの特長

すべてのデバイスで使える

ネイティブ言語で開発されたアプリは、iOS用はiOS用としてしか使うことができませんが、PWA(プログレッシブウェブアプリ)で開発されたアプリは、iOSとAndroid、両方のデバイスで使うことができます。

高速表示

アプリの利用者であるユーザーは、起動やアプリの表示速度が遅い場合、ストレスを感じてアプリそのものの利用をやめてしまう傾向にありますが、PWAで開発されたアプリは読み込み速くストレスなく利用することができます。

オフラインでも使える

PDAで開発されたアプリはオフラインの状態でも利用することができます。「ホーム画面に追加」ボタンを押すだけで、ネイティブ言語で開発されたアプリのようにホーム画面にアイコンが設置され、利用することができます。

プッシュ通知も使える

PDAで開発されたアプリは、ネイティブ言語で開発されたアプリと同じようにユーザーに伝えるプッシュ通知を利用した「お知らせ」機能を実装することができます。

開発・運用コストの削減に

PDAで開発されたアプリは、すべてのデバイスで利用することができる共通アプリですので、これまで二重にかかっていた開発コストと運用コストを大幅に削減することができます。

世界中で開発が増加

Twitter LiteやAlibabaなど世界中の企業でPWAでのアプリ開発事例が増えてきましたが、日本国内でも読み込み速度が約75%早くなった!など多くの成功事例があります。

APPSWINGBY

アプリ開発の特長

ユーザー体験を重視

UIはUXユーザー体験に大きく影響します。見た目のデザインから受けるのは印象だけでなく、アプリの利用を考えた利便性や動線を考慮されたUIはユーザーの使い心地・アプリの利用体験を決定づける重要なファクターとなっています。APPSWINGBYでは専任のUI/UX開発担当者が最適なユーザー体験をつくりだすUIを実現します。

セキュリティに強い

外部の脅威に24時間365時間晒され続けるWebシステムにとって、セキュリティ対策は最大の懸念事項です。APPSWINGBYでは要件定義/設計/コーディングの段階で脆弱性が入り込まないセキュア設計・セキュアコーディングを実践しています。セキュア設計・セキュアコーディングで開発されたアプリは、運用改善コストの削減にも大きく貢献します。

継続的な運用、開発、サービス向上にも対応

DevOps, SecOps, AIOps

現代のWebシステムを含むアプリケーションは、安定したシステム稼働の維持と共に継続的にデータが収集され、適切なデータ分析結果を元にシステムやアプリケーションの改修・改善、新機能のリリースが繰り返されます。APPSWINGBYでは、開発と運用を継続的に繰り返す「DevOps」フローに、ビルトインセキュリティの実現を目的とした「SecOps/AIOps」を組み込み、効率的な開発環境と高い品質のWebサービスを提供する為の開発環境のご提供にも対応しています。

デバイス・メーカー縛りの無い柔軟性の高いアプリ開発

Vendor Rock-In

Vendor Rock-Inとは、特定のメーカーやベンダーの製品に大きく依存してしまい、他社への乗り換えができなくなってしった状態のことを言いますが、Vendor Rock-Inされたシステムは、システムの改修や改善、新機能のリリースがとても困難な上に、多くの時間とコストが発生してしまう他、競争力のないアジリティに欠けたサービスを作り出してしまいます。APPSWINGBYでは、オープン系のアプリケーションを積極的に活用することで、特定のサービス・製品に依存しないWebシステムの開発をおこなっています。

お気軽に

お問い合わせください

APPSWINGBYのミッションは、
アプリでビジネスを加速し、

お客様とともにビジネスの成功と未来を形作ること。
私達は、ITテクノロジーを活用し、
様々なサービスを提供することで、

より良い社会創りに貢献していきます。