テスト自動化

Test Automation
業務を自動化し、業務効率化・高い品質を実現

高い品質とコスト削減を実現するテスト自動化

短納期プロジェクトの増加、予算削減、セキュリティアップデート・ OSアップデート・機能追加によるバージョンアップ・設定変更などの通常運用業務、コンテンツ追加・・・。様々な機能やコンテンツが常時アップデートされる現代のサービスでは、追加・更新の度に「テスト」が増え続けています。これらのテスト作業を自動化し、「効率化」と「高速化」を進めることは「高い品質」と「コスト削減」を実現する上で必要不可欠となっています。APPSWINGBYでは、様々な業務の中に潜む多くのトイル(Toil)をアセスメントし、お客様に最適なテスト自動化環境をご提供致します。

トイル(Toil)とは

直訳すると「労苦(心身が疲れ苦しい思いをすること)」となりますが、IT業界では、日々の業務の中でプロダクションサービスを動作させる為、日々の業務の中で繰り返し手作業で行われている「業務・作業」で自動化することができる業務のことをトイルと呼んでいます。

こんな課題・問題を解決します!

  • 毎回、同じ作業を手作業で繰り返し行っている。
  • 作業効率が悪い。
  • テストが発生する度に外部のテスト業者に委託しているが、コストを削減したい。
  • 月の半分以上の時間をテスト作業に費やしている。
  • テスト専門の担当者がいる。

テスト自動化までの流れ

1. ヒアリング
業務内容・フローのヒアリング
業務手順のアセスメント
日々の業務をヒアリングし、繰り返し何度も手作業で行われている業務や手順が多く業務時間の多くをテストに費やさなければならない業務を洗い出していきます。これがテスト自動化しシステムの設計のベースとなるので極めて重要な作業として位置づけ、お客様と共同で進めていく工程です。
2. 設計開発工程
テスト自動化全体設計
テスト自動化システムの開発
テスト自動化の設計にあたり、システム全体のグランドデザイン・ランニングコスト等を開発前の想定をお客様にご提示しながら、システム自動化の開発に着手していきます。
2. テスト工程
テスト自動化テスト
リリース

テスト自動化の特⾧とメリット

サービスの品質の低下は、企業ブランド・信頼に直結します。テスト担当者や外注業者によるテストを行う場合に懸念されるのがテストレベルと属人化によるテストクオリティのばらつきです。現在、手動で行われているテストを見直し、自動化することによりテスト品質の安定した向上と属人的なバラツキのないテストを実施することができます。

企業の中には、今も尚、システムの更新やコンテンツのアップロードの度に、手作業で繰り返し行われている作業が数多く存在し、業務の作業効率を大きく落とす原因となっています。米国の検索大手の会社では、それらをトイルと呼び、日々の業務の中でトイルが占める割合を50%以下にするという目標が定められています。

様々なテスト工程を自動化することによって、これまで手作業で⾧い時間をかけて行われていたテストにかかっていた人的コスト・外注費を大幅に削減することができます。また、各環境に対するテストシナリオの変更に伴う設定変更作業や学習コストも同時に削減することが可能になります。

様々なテストシナリオを担当者や外注するテスト業者が実施するまでには、テストシナリオの理解から始まり、テストの実施、テスト結果の可否の確認、そして評価までの⾧い作業を繰り返し行わなければなりません。様々なテスト工程を自動化することによって、テスト工程を大幅に短縮し、業務の高速化を実現することができます。

APPSWINGBYが貴社ビジネスを加速させます。