リファクタリング

このようなお悩みは


ありませんか?

コードがぐちゃぐちゃで




機能追加ができない

開発言語のバージョンが古く




アップデートできない

クラウドに移行したが




利用料金が大幅に増大した

セキュリティ脆弱性に




問題・課題がある

システムが古く




セキュリティに不安がある

問題となっているソースコードを最適化
シンプルで効率的なソースコードに作り変えます

リファクタリングサービスの


特長

APPSWINGBYのリファクタリングサービスでは、ソフトウェア開発プロジェクトにおいてコードの品質と効率を向上させ、持続可能な成功に貢献します。以下は、弊社のリファクタリングサービスの特長です。

1.専門のエキスパートチーム

ソースコードの最適化には専門的な知識が必要です。APPSWINGBYの専門のエキスパートチームは豊富な経験と最新技術でベストプラクティスに基づいたリファクタリングを提供します。

2.柔軟で効果的なアプローチ

プロジェクトのニーズに合わせた柔軟なリファクタリングアプローチを採用します。コードの解析から始め、効果的で負荷のかからない変更を実施し、適応します。

3.コードの最適化と効率化

専門のエンジニアがコードを徹底的に分析し、無駄な部分を削除し、最新で最適なコードに再構築します。これにより、パフォーマンスの向上とメンテナンスのしやすさが実現されます。

4.バグの予防と修正

コードリファクタリングはバグの発生を予防し、既存のバグを修正する効果的な手段です。品質が向上することで、システム全体の安定性が向上します。

5.保守性と拡張性の向上

リファクタリングにより、コードの保守性が向上し、将来の変更や追加が容易になります。これにより、プロジェクトのライフサイクル全体で柔軟かつスムーズな開発が可能です。

6.最新の開発


ベストプラクティスの適用

常に変化する技術環境に対応するため、APPSWINGBYでは最新の開発ベストプラクティスを積極的に取り入れています。セキュリティの向上やパフォーマンスの最適化など、最新のトレンドを反映させることで安定性が向上します。

リファクタリングサービス事例

APPSWINGBYのリファクタリングサービスは、多くのクライアントのプロジェクトで大きな成功を収めています。以下はその一例です。

SaaSサービス事業者

システム:入館退館管理、出退勤管理、業務報告、状況共有、画像/動画共有等の機能が提供されるICT統合サービス

クライアントが抱えている問題・課題・要望

こちらのクライアントは、長期にわたり開発された大規模なアプリケーションを継続的に開発し保守していました。しかし、コードベースは複雑化し、新しい機能の追加やバグ修正が遅れがちになり、保守メンテナンス、担当開発者の変更の際の引継ぎやシステム全体の把握に多くの時間を費やしていました。

APPSWINGBYのアプローチ

コードベースの包括的な評価を行いました。その結果、複雑な部分の特定やボトルネックの解消に焦点を当て、保守性と拡張性を向上させるリファクタリング計画を策定しました。

実施された取り組み

  • 冗長なコードの削除とモジュールの整理
  • 非効率的なアルゴリズムの最適化
  • 仕様の確認と仕様バグの改修
  • 最新のセキュリティベストプラクティスの実装
  • ドキュメンテーションの管理の整備、強化

結果

  • リファクタリングの導入により、メンテナンス時間が50%削減
  • 新しい機能の追加が迅速に行えるようになり、市場投入までの時間が大幅に短縮
  • システムの安定性が向上し、ユーザーエクスペリエンスが向上

上記の事例は、APPSWINGBYが提供するリファクタリングサービスがプロジェクトの一例です。APPSWINGBYでは、お客様の課題に焦点を当て、柔軟で効果的なリファクタリングを通じてプロジェクトの成功を支えることに誇りを持っています。

よくある質問

Q1 リファクタリングは何を意味してますか?

リファクタリングは、既存のソースコードを最適化し、保守性や拡張性を向上させることです。コードの整理、不要な処理コードの削除、といったリファクタリングにより、不具合の改修、パフォーマンスの向上、メンテナンス性が向上などの効果を得ることができます。

Q2 なぜリファクタリンが必要なのですか?

プロジェクトが進むにつれ、コードは複雑化しメンテナンスが難しくなります。リファクタリングにより、コード品質を向上させ、将来の変更や追加がスムーズに行えるようになります。

Q3 リファクタリングにはどれくらいの時間がかかりますか?

システムの規模や現在のコードの状態によりますが、通常は数ヶ月から半年程かかります。詳細な見積もりについては、お気軽にご相談ください。

Q4 リファクタリングでセキュリティは向上しますか?

はい、リファクタリングにはセキュリティを向上させる効果があります。最新のセキュリティベストプラクティスを導入し、潜在的な脆弱性を解消します。

Q5 進行中のプロジェクトにリファクタリングを組み込むことは可能ですか?

はい、可能です。
APPSWINGBYでは柔軟で段階的なアプローチを取りながら進行中のプロジェクトにリファクタリングを組み込むことができます。もちろんサービスの提供中もプロジェクトが中断することはありません。

Q6 リファクタリングの効果はすぐに実感できますか?

リファクタリングは、機能を変更するとなくコードの最適化をおこないますので、外的な機能要因の効果は変わりませんが、パフォーマンスやユーザビリティ面において、効果を実感することができます。
また、保守性、新機能追加などの全体的な効果は時間とともに現れます。長期的な視野でプロジェクトの持続可能な成長と効率向上が期待できます。

Q7 システムの現状がよくわからない状態です。システムの調査から依頼をすることはできますか?

はい、可能です。
過去に開発やシステム構築を行った際のソースコード、システム管理情報、ドキュメントの調査から現環境の調査を行った後にリファクタリングを実施します。

Q8 セキュリティの脆弱性診断サービスを受けたところ、多数のセキュリティホール、問題個所の指摘を受けてしまいました。指摘されたすべての箇所の改修をしてほしいのですが、可能でしょうか?

はい、可能です。
指摘されたすべてのコードの不具合改修を行い、その後再度脆弱性診断試験を受けて頂き、指摘された不具合箇所の改修を確認して頂きます。

リファクタリング


プロジェクトの流れ

プロジェクト評価

  • 現行のコードベースを評価し、問題点や改善の余地を特定します。
  • お客様とのミーティングを通じて、ビジョンや目標を明確にします。
STEP
1

リファクタリング計画策定

  • 課題や目標に基づき、具体的なリファクタリング計画を策定します。
  • プロジェクトの進捗やスケジュールを共有し、課題の優先順位を決定します。
STEP
2

リアーキテクチャご提案

現状調査結果に基づき、リアーキテクチャのご提案を行います。さらに、リアーキテクチャの方針、基本設計、コストシミュレーションについてご説明致します。

STEP
3

段階的リファクタリング

  • 小さなステップで段階的にリファクタリングを進めます。
  • コードの一部分ずつ改善し、検証を行いながら進行します。
STEP
4

効果のモニタリング

  • リファクタリングの影響をモニタリングし、品質向上やパフォーマンスの改善を確認します。
  • クライアント様とのコミュニケーションを継続し、フィードバックを取り入れます。
STEP
5

ドキュメンテーションと


トレーニング

  • リファクタリングされたコードに対する新しいドキュメンテーションを作成します。
  • 開発者チームに対してトレーニングセッションを実施し、変更点の共有を行います。
STEP
6

継続的なサポート

  • リファクタリングの完了後も継続的なサポートをさせていただきます。
  • 追加の最適化や新機能の実装に備え、クライアント様と協力してプロジェクトの持続可能な成長をサポートさせていただきます。
STEP
7

関連情報

システム開発プロジェクトにおけるシステムアーキテクチャデザインの設計プロセス

新しい事業を始める為に、「システムを開発したい」「アプリを開発したい」「古くなったシステムを新しいシステムに再構築したい」といったご要望を持つ会社様にとって、開発するシステムがどのように構成されていくのか、とても気になる […]

システム開発の失敗の主な原因を解説

今回は、システム開発プロジェクトが残念ながら失敗に終わってしまう原因について、解説します。システム開発プロジェクトが失敗する要因の多くは、どのプロジェクトでも何となく共通しているといった特徴があります。

システムアーキテクチャの重要性 ~APPSWINGBYがシステムアーキテクチャを重要視する理由

APPSWINGBYではシステムを提案する段階からシステムアーキテクチャを非常に重要視しています。今回は、システム開発において、当社がシステムアーキテクチャの重要性について解説しています。