最先端の技術を駆使し、生産管理・工程管理・在庫・商品管理・販売管理システムなどの管理系システムから、自動見積・チャットシステム(Bot含む)、ワークフローシステム、社内ポータル・入退室管理システムなど幅広い業種・業務システムの開発を行っています。

こんなお悩みはありませんか?

ほかのシステムと連動させたい。

Webサービスとスマートフォンアプリを同時に開発したい。

内製化した開発チームがあるが、リソースや経験が不足している。

表計算ソフトで業務は商品を管理してきたが、業務が増えるにつれて、管理が追いつかなくなってきた。

既存事業をDXしたいと考えている、企画している事業のWebサービスを開発したい。

最先端の生成AI技術を活用した業務支援AIシステムを開発したい。

そのお悩み
APPSWINGBYシステム開発が解決します!

各分野に最適な
プロフェッショナルを


アサイン

APPSWINGBYでは、システム開発のマネージャーを先頭に、各分野の専門エンジニアをアサインすることで、目標とするシステム開発プロジェクトのチームを構成します。
以下は、各担当における役割の一例です。

✔︎ビジネスデザイナー 


✔︎プロジェクトマネージャー/スクラムマスター
✔︎PMO ✔︎テックリード ✔︎UI/UXデザイナー
✔︎フロントサイドエンジニア 


✔︎サーバーサイドエンジニア
✔︎DBエンジニア 


✔︎QA(quality assurance engineer)

モダンな開発言語に対応

開発言語には、開発するシステムの向き不向きがあるだけではなく、開発期間(開発スピード)が異なったり、Webサービスのパフォーマンス速度が異なるなどの違いがある為、システムを開発するにあたって、プログラミング言語の選定はとても重要な要素のひとつとなっています。
APPSWINGBYでは、システムやお客様企業のシステム管理の状況に合わせて、最適な開発言語をつかったシステム開発をおこなって
います。

リリース後の継続開発

システムのローンチ後の運用保守管理から継続的な機能開発を行いながら、マーケティング部門やサービス部門と情報共有を行い、システムから得られるデータの分析や実験的な機能のリリース等を繰り返す「継続的開発サービス」にも対応しています。

開発の流れ

お客様の企画(書)、現在抱えている課題や問題点をヒアリングすることからプロジェクトがはじまります。ITに詳しい必要は必要ありません。お客様の言葉でどのようなサービスを開発したいか、課題や問題点をお聞かせください。
システムとしての全体像、キーポイントを明確化しながら、システム開発をすすめていきます。

ヒアリング

STEP
1

全体設計

STEP
2

画面デザイン

STEP
3

設計〜開発

STEP
4

テスト

STEP
5

ローンチ

STEP
6

システム開発領域

基盤システム

会計、仕入れ販売、在庫管理、生産管理、勤怠管理、給与管理、帳票、契約、倉庫管理、営業・顧客管理、営業支援(SFA)、顧客管理(CRM)

業務システム

営業支援、EC:電子商取引、BI:ビジネスインテリジェンスツール、DMP:データマネジメントプラットフォーム、CDP:カスタマーデータプラットフォーム、トレーサビリティ、車両・配車管理、ワークフロー

業務支援システム

稟議、見積依頼、出張報告、旅費等精算、設備予約/利用、ナレッジ管理、統合検索システム、プロジェクト管理・工数管理、自動見積もり、自然言語処理に基づくカスタマーサポートシステム、生成AIチャットボットによる顧客サポートシステム

その他

マッチングサービス、チャット、eラーニング、比較サイト、求人サイト、予約サイト受付システム、入退室管理システム、オンライン商談・ウェビナー、チャットシステム(Bot含む)、生成AIへの学習を基盤とした医療診断支援システム 等

システム開発実績

グループ統合


ワークフローシステム

グループ会社各社で使用しているワークフローシステムがバラバラのシステムとフォーマットで、申請書がどこに保存されているかを探すことが難しく、業務効率が非常に悪い状況でした。

クライアントが抱えている


問題・課題・要望

  • システムとフォーマットを統一させ、一元的に管理したい。
  • 一回の動作で、申請中/申請済みの稟議書を一括検索したい。
  • 起票ミスが多く差し戻しが多いので、申請フォーマットを統一したい。
  • グループ会社によって承認フローがまちまちなので統一したい

プライベートDMP(CDP)

iPhoneとAndroidで無料リリースしているアプリ、Webサービス、ECサイトの利用ユーザーから得られるあらゆる顧客データを一元的に管理し、商品開発・マーケティングに活用する為の分析機能を開発したい。

クライアントが抱えている


問題・課題・要望

  • 未完成のままのワークフローシステムを完成させ、サービスリリースしたい。
  • 現在把握している動作バグを改修したい。
  • 業務にあっていない仕様(仕様バグ)を定義しなおし、改修したい。
  • グループ各社で使えるようにしたい。
  • 保守運用を移管したい。

残置物検知サービス

他社の開発ベンダーで開発されていたサービスだが、開発の途中で辞退の申し込みがあった。ロカール上で開発されていたプログラムをWebサービスとして完成させたい。

クライアントが抱えている


問題・課題・要望

  • 未完成のままのプログラムをWebサービスとして完成させたい。
  • 既知の動作不具合を改修したい。
  • サービスの処理にかかる速度が遅いので、パフォーマンスを改善した。

よくある質問

APPSWINGBYではお客様より


以下のご相談を頂いています。





皆さまの課題をともに解決いたします。


お気軽にお問い合わせください

Q1. 事業企画を担当しています。システムに詳しくなくIT関連の専門用語にも詳しくありませんが、大丈夫ですか?

はい、大丈夫です。
担当者が開発したいシステムについて、ヒアリングし、サービスの具体像を明確化します。開発をご希望されるサービス内容をまとめた資料がありましたら、 NDA(秘密保持契約)を締結した後に、共有をお願いします。

Q2. Webシステムのサイトデザインは、どのように進めていくのですか?

Webシステムのサイトデザインは、サービスのイメージ、提供する機能、サービス対象と設定しているペルソナ等からサイトデザイナ案を作成致します。
サイトデザイナ案をもとに、イメージの調整を行い、最終案を制作します。
ロゴ、サービスイメージの写真等がありましたら、UIのデザイン案作成前に共有をお願いしています。

Q3. 開発期間を教えてください。

システムの開発期間は、開発する機能や規模感によって異なります。
小規模なシステムですと、2か月程度、最も多いのは4か月から6か月程度のプロジェクトです。
大規模なシステムの場合は、一年を超える場合もございます。
開発期間につきましては、詳細をヒアリングさせて頂いた後、お見積もりをご提出するタイミングで概算の開発スケジュールをご提示しています。

Q4. システム開発後の保守・メンテナンス、継続開発もお願いしたいのですが、対応可能ですか?

はい、可能です。
システムの運用管理のみにサービス内容を限定したサービスの他、継続的に機能開発やセキュリティアップデートを行う継続開発+運用管理サービスもご用意しています。

Q5. ハードウエアの販売やデータセンターへのラッキング、構築は行っていますか?

ハードウエアの販売は行っておりません。
ハードウエアの購入をご希望の場合は、ハードウエア販売を行っている弊社のパートナー会社をご紹介しています。

また、APPSWINGBYでは、データセンターの再販もおこなっておりませんので、データセンターのご利用をご希望は、弊社とお取引のあるデーターセンター事業者様をご紹介しています。

Q6. お問合せフォームなどの小さなWebシステム開発でも依頼はできますか?

はい、可能です。
お気軽にご相談ください。

システム開発の流れ

ウォーターフォール型


システムの開発の流れ例

アジャイル型


システム開発の流れ例

関連情報

システム開発とは
システム開発とは?成功への第一歩

システム開発とは?成功への第一歩 システム開発は、企業や組織の課題解決を支える重要なツールです。業務効率化、新規事業立ち上げ、顧客満足度向上など、様々な目的でシステム開発が行われています。

新DX時代のシステムアーキテクチャデザイン ~システムアーキテクチャの基本

システムアーキテクチャをより深く理解する為に、システムアーキテクチャの構成要素と種類についての基本を解説しています。

保守開発とは?保守開発のプロセスについて詳しく解説

保守開発とは?保守開発のプロセスについて詳しく解説
システム開発が完了しても、その運用と保守は継続的な作業が必要です。本記事では、保守開発のプロセスに焦点を当て、障害から予防保守までの重要なポイントを解説します。

システム開発の失敗の主な原因を解説

今回は、システム開発プロジェクトが残念ながら失敗に終わってしまう原因について、解説します。システム開発プロジェクトが失敗する要因の多くは、どのプロジェクトでも何となく共通しているといった特徴があります。

システム改修とは?改修の基礎知識から具体的な流れ、注意点などを詳しく解説

システムがビジネスの根幹を担う現代において、システム改修は企業の成長と安定を支える重要なプロセスです。しかし、「システム改修」という言葉は、IT業界以外の方にとっては馴染みが薄く、具体的に何を指すのか、どのようなメリットがあるのか、疑問に思われるかもしれません。本記事ではシステム改修とは?改修の基礎知識から具体的な流れについてご紹介しています。

ソフトウェア開発?システム開発との違いについて解説ソフトウェア開発

ソフトウエア開発は、コンピュータが特定のタスクを実行するためにプログラミングされたソフトウェアの設計・構築プロセスです。これにはプログラミング言語の使用、アルゴリズムの構築、およびテストが含まれます。

AIを活用した業務の自動化:企業の競争力を高める鍵

本記事では、AIを活用した業務の自動化についてご紹介しています。

システムアーキテクチャの重要性 ~APPSWINGBYがシステムアーキテクチャを重要視する理由

APPSWINGBYではシステムを提案する段階からシステムアーキテクチャを非常に重要視しています。今回は、システム開発において、当社がシステムアーキテクチャの重要性について解説しています。

クラウドネイティブ時代のリアーキテクチャ戦略

クラウドネイティブ時代のリアーキテクチャ戦略から、なぜ今、リアーキテクチャが必要なのか?について解説しています。