コード診断サービスは、ソフトウェアのソースコードの品質を評価・改善するためのサービスです。ソースコードの可読性や保守性、セキュリティなどの観点から、専門のエンジニアがソフトウェアプロジェクトのコードベースを綿密に診断し、コードの健全性や潜在的な問題を特定し、改善提案を行います。 本サービスでは、ソフトウェアの品質、信頼性と安全性を飛躍的に向上させることを目的としています。

このようなお悩みは





ありませんか?

開発する度に低下する





システムパフォーマンス

コードの中に潜む





脆弱性セキュリティリスクの


増大

統一されていない





コーディングルール

保守性の低下

コード可読性の低下

APPSWINGBYコード診断が





コードに潜む様々な問題を


解決します!

コード診断サービスの特長

潜在的なバグの検出・バグの早期発見

静的解析ツールを使用して、潜在的なランタイムエラーやバグを検出します。早期のバグ発見は、修正が容易で開発プロセスの進行をスムーズにし、後の段階での問題を未然に防ぎます。

パフォーマンスの問題の識別

コード内のパフォーマンスに影響を与える要因を特定し、最適な修正や最適化策を提案。アプリケーションの効率性を向上させます。

セキュリティの脆弱性の検査

コード内のセキュリティの問題や脆弱性を特定し、適切な対策や修正を行います。アプリケーションのセキュアな運用を確保します。

コーディングスタイルのチェック

コーディングスタイルや標準に合致しているかを確認します。

可読性の向上

コードの可読性を向上させるための提案や修正点をピックアップします。ソースコード診断はコーディングスタイルや可読性の向上に寄与し、保守性の高いコードの維持に貢献します。

改善提案

コード診断結果をもとにソフトウエアの品質を向上するための具体的な改善提案を作成します。また、プロジェクトのニーズや要件に応じた最適なアプローチ方法についても提案します。

よくある質問

Q1 コード診断サービスとは何ですか?

コード診断サービスは、専門の静的解析ツールを使用してソフトウェアのコードベースを分析し、潜在的なバグ、セキュリティの脆弱性、パフォーマンスの問題などを発見することを目的とした診断サービスです。

Q2 なぜコード診断が重要なのですか?

コード診断により、コード内に潜むバグや脆弱性のあるコード、コードの記述的な問題、パフォーマンスを阻害する要因などを発見し、修正することは、システムの品質やパフォーマンスの向上、継続的な稼働、セキュリティ対策などで非常に重要な要因となっています。

Q3 開発者の方からのアドバイスはもらえますか?

はい、当社のコード診断サービスでは静的解析ツールと同時にエキスパートな開発者がコードをレビューし、エキスパートエンジニアの視点からもシステムの品質向上をサポートします。

Q4 コード診断にかかる時間はどのくらいですか?

プロジェクトの規模や複雑性により異なりますが、一般的なWebシステムでは1~2か月から数か月かかります。

Q5 診断結果はどのように提供されますか?

診断結果は詳細なレポートとして提供され、検出された問題や改善提案が含まれます。レポートは理解しやすく、問題の優先順位付けも行われます。

Q6 診断後のサポートはありますか?

はい、診断後も当社のエキスパートがサポートいたします。修正や改善点の理解、実装に関する質問など、お気軽にご相談ください。

Q7 どのような言語やフレームワークに対応していますか?

当社のコード診断サービスは、多くの主要なプログラミング言語やフレームワークに対応しています。対応言語についての詳細は、お問い合わせいただくか、無料のコンサルティングをご利用ください。

Q8 コード診断サービスとコード品質監査サービスの違いを教えてください。

コード診断サービスとコード品質監査サービスは、両方ともソフトウェアの品質向上を目的としたサービスですが、いくつかの違いがあります。

コード品質監査は、ソフトウェアのコードベース全体を対象に、標準やベストプラクティスに基づいてコードの品質を評価するサービスです。コーディング標準への遵守、可読性、メンテナンス性、セキュリティの向上などを総合的に評価します。

コード診断は、主に静的解析ツールやコード解析ツールを使用してコードの健全性や潜在的な問題を特定するサービスです。大規模かつ迅速なコードベースの分析が可能です。

コード診断の流れ

要件定義

クライアントの要件を共有し、コード診断の範囲や特定の基準に合わせてサービスをカスタマイズします。プロジェクトの目的や技術スタックによって要件が異なるため、十分な時間をかけて要件定義を行います。

STEP
1

コード収集と分析

クライアントから提供されたソースコードをソースコード診断チームが分析します。この段階で潜在的なセキュリティ脆弱性、パフォーマンスの問題、コーディング標準への違反などが検出されます。

STEP
2

診断結果レポート

分析結果をまとめた詳細なレポートがソースコード診断チームより提供されます。このコード診断レポートには検出された問題の説明、影響、および修正策が含まれます。コード診断レポートには、優先度や重要度に基づいて問題を整理しています。

STEP
3

修正と最適化提案

クライアントは診断結果に基づいて検出された問題を修正し、コードの最適化を行って頂きます。また、同時に、提案された最適化や改善点も検討して頂きます。

STEP
4

再診断と検証

修正が完了したら、再度ソースコード診断が実施され、修正が効果的であるかどうかが検証します。これにより、問題の解決が確認され、品質の向上が確立されます。

STEP
5

フォローアップとサポート

APPSWINGBYコード診断チームは、クライアントに対して修正や最適化の効果に関するフィードバックを提供し、継続的なサポートやアドバイスを行います。

STEP
6

関連情報

システム改修とは?システム改修の流れやポイントを詳しく解説

システム改修を発注する際の注意点を知りたい。システム改修を行う際の注意点ついて知りたい。システム改修について検討したい。相談したい。という方の為に、システム改修についての流れやポイントを解説しています。

ソースコード診断の重要性

ソースコードはシステムを支える核となる大切な資産であり、その品質はシステムの信頼性と安全性に直接結びついています。
しかしながら、開発の現場ではソフトウェアの複雑化・大規模化に伴い、バグや脆弱性の発生リスクが高まり続けているという課題を持ち続けています。本記事では、こうした課題に対し、ソースコード診断の重要性とその有効性について解説していきます。
システム開発/アプリ開発/ソースコード診断/リファクタリング|APPSIWNGY

コードに悩む企業のための実践的リファクタリングのすすめ方

ソースコードはシステムを支える核となる大切な資産であり、その品質はシステムの信頼性と安全性に直接結びついています。
しかしながら、開発の現場ではソフトウェアの複雑化・大規模化に伴い、バグや脆弱性の発生リスクが高まり続けているという課題を持ち続けています。本記事では、こうした課題に対し、ソースコード診断の重要性とその有効性について解説していきます。
システム開発/アプリ開発/ソースコード診断/リファクタリング|APPSIWNGY

資料ダウンロード

ソースコード診断の基本からソースコード診断で解決できる問題例など詳しくご紹介しています。