DevOpsプラットフォーム

激しいコンペティターとの競争を勝ち抜くために、事業の中心となっているITサービスの根幹をなしているアプリケーションの高速なリリース・アップデート抜きに事業を展開していくことはできません。高速に開発を行う為の環境を如何に構築し、活用していくのかは、企業のビジネスを成⾧させていくための重要なキーとなっています。

Service Contents

継続的な開発、継続的なテスト、反復されるプロセス、小刻みに繰り返される変更とリリース。アンチフラジャイルの実現。継続的なサービスの継続と加速を実現するために必要不可欠なCAMS(Culture, Automation, Measurements and Share)の推進と並行し、高速開発を行う為に必要不可欠な開発・ステージング・プロダクション環境のデリバリーシステム、またそれと自動連動するフルオートメーション化された機能テストやセキュリティテストなどの自動テストプラットフォームの構築を行います。

本サービスが提供するシステム

Dev/Staging/Production CloudPlatform、CI/CD、Test Automation&Test Set、VCS&Repository、 Data Analytics Platform

本サービスの目標

  •  ITインフラがビジネスの素早い変化の障壁になるのではなく、変化を支えて実現するためのシステムにします。
  • インフラ・アプリケーションの変更を数年に一回の一大イベントから「毎日の業務」にします。
  • ビジネスに必要なリソースを誰でも簡単に定義し、プロビジョニングし、管理できるようにします。
  • 会議やRFP/RFI・要件定義、莫大なSI費、⾧期間にわたる設計と構築、見えない開発、理解できないド キ ュメント、人と時間ばかりかかる管理からの解放を実現します。

サービスの流れ

1システムアセスメント

2InfrastructureのCode化

3リポジトリ、フローの作成

4各環境の構築

5自動化された動作テスト

ユースケース

システムの設計・構築はSierに、アプリケーションの開発は開発ベンダーに発注。運用は自社。営業や企画部門から、「ITサービスへの機能追加やマーケットの調査結果を踏まえた変更を行いたい。」という声があがっても、開発に着手するまでに3カ月。開発・テストに半年。開発した新機能のリリースに1カ月かかっていた。これでは競争相手には勝てない。

開発とサービスリリースのスピードが遅く、他社との競争に負けている・・・。高速開発、高速テストができる環境を整備したい!
開発、テスト工数にかかる多額の人件費を削減したい!
ソフトウエアやインフラの品質・セキュリティ対策を向上させたい!

高速開発できる環境を導入したい!

オンプレミス文化から脱却したい!

開発コスト、インフラ構築コストを削減したい!

バグやシステムトラブルによる手戻りを削減し、サービス品質を向上させたい!

問題解決のポイント

CAMSの浸透!

ダイナミックインフラストラクチャの導入!

自動化の導入!

DevOpsライフサイクルの構築!

導入効果

自動環境構築の実現
Test Automation連携によるコスト削減と品質向上
高速開発・高速リリースの実現