オフショア開発プロジェクトは何故成功しないのか?

ソフトウエア開発を希望されるお客様とお話さえて頂く中で、様々なソフトウエア開発についての失敗談をお伺いすることがあります。今回は、お客様の失敗談の中でも最も多かった「オフショア開発」の失敗談について、実際にソフトウエアの開発現場で起きたケースなどを交えて、ご紹介していきます。

オフショア開発(offshore development)とは

 オフショア開発(offshore development)とは、off shore 陸から離れたところ で、development 開発すること。つまり、海外のシステム開発会社にWebシステムやスマートフォンアプリなどの開発を委託し、開発を行うことです。Webシステムやスマートフォンアプリなどの開発コストの大半は、人件費が占めていますので、労働賃金が安い外国の開発会社にシステムやアプリ開発を委託することでコストを抑えることができる為、システム開発やアプリ開発したいと考える多くの会社では、必ず一度は検討したことのある開発手法です。

オフショア開発というと外国資本の企業への委託になるとイメージする方が多いのですが、中には日本企業がオフショア開発の拠点となる海外に進出し、法人を立ち上げ、現地のエンジニアを雇用しているケースもあります。

オフショア開発の目的

オフショア開発の目的は、大きく分けて2つあります。ひとつめは、「1.オフショア開発(offshore development)とは」でも少し触れましたが、プロジェクト全体の開発コストを下げること、そして、ふたつめは、エンジニアリソースの確保です。

開発コストを下げる

システム開発コストの大半を占めているのが、開発者の人件費です。

Webシステムやスマホアプリの開発を発注する際に、どの企業も最も考慮するポイントはコスト(発注額)になる訳ですが、その開発コストを少しでも削減しようということで、日本よりも、物価の安い(つまり、人件費も安い)国々の開発ベンダーに開発を委託することにより、コストの削減を実現する手法がオフショア開発の一番の目的となっています。

開発リソースの確保

ふたつめは、エンジニアリソースの確保です。

日本国内では、どの産業も人不足の影響もあり、そこそこの開発プロジェクトになると開発エンジニアを集めるだけでも苦労する場合があります。一方で、人口も増えている、給与も他の職業よりも良い、開発エンジニアはオフショア開発を積極的に行っている国々の人々にとって人気の職業のひとつとなっていますので、開発者のスキルレベルについて一先ず見なかったことと、マイナーなPHPやJavaScript等の開発言語を使用したシステム開発であれば、とりあえずリソースを確保することはできるのがオフショア開発のメリットのひとつとなっています。

オフショア開発に活用される開発プロジェクト

オフショア開発が活用されるITプロジェクトの多くは、2.オフショア開発のメリットでもあります「安い人件費」と「多くの開発リソース」を使って、皆でガリガリとコードを書く開発プロジェクトに向いています。

「日本国内で開発するには予算が足りない・・・」、「どうしても多くの開発リソースが必要だ・・・」といったプロジェクトにオフショア開発は理屈上、最適な選択肢となります。

オフショア開発に向いているプロジェクト

オフショア開発に向いているプロジェクトとして度々例に挙げられるのは、「大規模且つ長期的なプロジェクト」です。

オフショア開発に向いているプロジェクトでは、開発しなければならない画面が数えきれない程山ほどある。画面の中には、単純かつ何故かやらなければならない処理”がわんさかあるWebサービスです。ユーザーインターフェースを向上する為に出来るだけシンプルに設計していく昨今の流れから考えると、嘘のような画面設計が行われるWebサービスなどが向いているます。

また、プロジェクトで指定されている「開発言語」も”PHP”や”JavaScript”で書かれたシステム開発が向いています。モダンな開発言語を扱うことができる開発者もオフショア企業にも在籍しているのですが、経験が少ない為か、プログラムの書き方がいまいちだったりと何かと嚙み合わないことが多いのが現状のようです。これは時間共に解決していく問題なのだろうと考えるようにしています。

また、開発予算の少なく、アプリ開発者の数も多いスマートフォンアプリ開発などのプロジェクトでも、オフショア開発のメリットを活かすプロジェクトと向いていると言われています。

オフショア開発の現実・・・

ここまではオフショア開発のメリットについて、ざっくりと書いてきましたが、コストも安く、リソースも多いオフショア開発は、良いこと尽くしのように聞こえるかもしれません。

しかし、残念ながら現実はそれほど甘いものではありません。

次の頁では、多くのオフショア開発が失敗に終わる原因について、具体的な事例を交えながらご紹介していきます。