保守開発サービス

システムの保守や開発に





こんなお悩みは


ありませんか?

そのお悩み
APPSWINGBY



保守開発チームが解決します!

保守開発とは

保守開発サービス


3つのポイント

システムの規模、ご予算に応じて





柔軟な開発保守体制提案

不具合の調査・報告、改修、





仕様変更から新規機能まで対応

他ベンダーからの引継ぎ、





環境調査、立ち上げまで





ワンストップ対応

POINT ①
柔軟な保守開発体制

貴社のニーズやシステム種別、システム規模、ご予算にあわせ柔軟に保守開発体制をご提案します。
定例会議の設置からコミュニケーションツールの設置の他、課題管理表、進捗管理表など御社のご要望にあわせた柔軟な保守開発体制をご提案いたします。

POINT ②
仕様変更から


新規機能開発






不具合の改修


リアーキテクチャまで





ワンストップで対応

通常業務である不具合の修正に伴う開発や追加機能の開発はもちろん、 CI/CD(継続的インティグレーション/継続的デリバリー)やテストの自動化などを組み込んだパイプラインの構築にも対応いたします。

POINT ③
他社ベンダーからの


引継ぎにも柔軟に対応

他者のソフトウエアベンダーが開発されたシステムの場合でも、システムの現状調査・ソースコード解析の他、設計書などのドキュメント類の更新を行いながら保守開発を進めてます。

保守開発サービスに


最適なケース

保守開発サービスは、「保守開発に対する様々なご要望に柔軟に対応できる」、「エキスパートクラスの開発者と対応について様々な問題や課題について相談しながら開発を進めることができる」「最先端技術を常に取り入れた開発サイクルを構築し、生産性をあげることができる」といったメリットがあります。以下のようなケースやご要望に対して、最適なサービスです。

エキスパートエンジニアが





貴社の開発チームと一員として


保守開発業務を加速

保守開発体制の例

お客様のご要望に応じて、


最適な保守開発体制をご提案します。

100%国内エンジニアによる体制 ※オフショア開発は行いません
point
1
最先端技術の開発環境をお客様専用の開発環境としてご用意
point
2
高品質なシステムを支えるテストノウハウのご提供とテスト体制をご提案
point
3
エキスパートエンジニアと最先端技術を駆使した開発環境と開発手法を構築
point
4

APPSWINGBY


保守開発サービスの強み