セッションID固定化攻撃

セッションID固定化攻撃(英:session fixation attack)とは、攻撃者が事前に用意したセッションIDを含んだURLなどをターゲットとしたウェブサイトなどの利用者(正規ユーザー)に送り付けます。

その後、サイトの利用者がそのURLからログインをすると、攻撃者は同じセッションIDを利用してターゲットとなったウェブサイトにログインでき、正規ユーザーとして操作する攻撃手法のこと。

セッションハイジャックは、セッションを搾取するが、セッションID固定化攻撃は攻撃者が事前に用意したセッションIDをユーザーに利用させる。

関連用語

二要素認証/二段階認証

RSA

ワンタイムパスワード

APPSWINGBYの

セキュリティサービスについて

APPSWINGBYのセキュリティサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください。

WordPressセキュリティ対策サービス

Worpdressセキュリティ対策サービスは、Worpressに潜む様々な脆弱性を検査・診断し、脆弱性診断によって発見されたセキュリティホールや構築時のセキュリティ未対策箇所へのセキュリティ対策を実施し、レジリエンス(強靭)なウェブサイトをつくりあげます。

クラウドセキュリティ

クラウドのメリットを最大限に活かす為には、クラウドのアーキテクチャに合わせたセキュリティ対策が必要です。APPSWINGBYでは、クラウドシステムのアセスメント・診断・セキュリティ対策・モニタリングまでワンストップでご支援致します。

リファクタリング/リアーキテクチャ

オンプレミスからクラウドへ移行する際、クラウドネイティブの機能やメリットを最大限活用したシステムへ移行する為に、アプリケーションの再設計・実装、システム全体設計を行います。システムのサーバーレス、マイクロサービス、スケール、パフォーマンス向上を実現します。

お問い合わせ・ご相談

「システム構築時から大分時間が経過しているのでセキュリティ対策の状況が不安がある」「脆弱性診断を受けたい」「サイバーセキュリティ対策に不安がある。」など、サイバーセキュリティ対策・情報漏えい対策についてのご質問・ご相談などございましたら、何でもお気軽にお問い合わせください。